Latest Entries

はじめまして。ツキイチ・カフェです。

震災をきっかけに、奈良に避難・移住してきた方々へ。

続きを読む

スポンサーサイト

2月のツキイチカフェの様子

バレンタインに行われた2月のツキイチカフェも無事終了しました~♪

今月のお菓子は

☆チョコとピーカンナッツのビスコッティ
☆全粒粉ビスケット
☆オーガニックレーズンのホワイトチョコがけ

の3種でした(´∀`*) 写真撮り忘れました♪


午前の部は人数が少なかったので、測定所スタッフも一緒におしゃべり。
スタッフも同じようにママだったり、避難者だったりするので話も盛り上がります。


やはり気になるのは食品のこと。
お友達と遊ぶ時に、おやつどうしてる?とか
代替のおかずを作るけど材料が手に入らなくて・・・とかね
きっとみんな悩みは同じ。
ちょっと勇気を出して話してくれたら
みんなで考えることが出来るし
「あ、それでいいんだ!」「悩んでいるのは私だけじゃないんだ!」と
きっと気持ちが楽になると思いますよ。



午前中は小さな子のママさん達でしたが
午後は中学生、高校生のママさんが気になっていることを打ち明けてくれました。


思春期の男の子の気持ち。
ずっとずっと我慢してきた気持ち。


東北から関西へ避難して来た時は小学校6年生。
「なんで引っ越してきたん?」
同じ事を何度も何度も聞かれた。
もう嫌になって答えなかったら、囲まれて、首根っこ掴まれて。


小学校6年生男の子たち、そういう風になるの、目に浮かぶようです。
ふざけてだったか、そうじゃなかったかはわからない。
やる方は悪気はあまりないんだよね。
でもやられる方はやっぱり嫌なんだよね。


避難して来たその子も、それがとても嫌だった。
いじめだと思った。


その辛かった気持ちを、5年も経ってから、お母さんに打ち明けたそうです。


男の子だもんね、やっと、やっと言えたんだろうね。
きっとお母さんに心配かけたくなくて、言わずにひとりで頑張ってきたんだろうね。


子どもも大変だったけど、
その時お母さんもめちゃくちゃ大変でした。
体調が悪くなりやすい子の為に、必死で避難しました。
手続きや、引っ越しや、制服購入や、家族の説得、近所の人の目
全部ひとりで背負って、頑張っていました。


息子の突然の告白と号泣に、お母さんはショックを受けて
避難したことは間違いだったのかと、自分を責めかけていましたが


みんな一緒。みんな一緒だったの。
あの時はそうするしかなかった。
避難することが必要だと、確かに思って行動したはず。
それでいいんです。正解なんです。


そして、子どもは子どもで大変だった。
それもしょうがなかった。


関東、東北の子が、ひとりであの関西弁の洪水の中に飛び込むって
本当に大変だったと思うのです。
文化の違いは、ことあるごとに違和感となって
変化が苦手な子にとっては、重くのしかかって
関西嫌いになる子もいます。


それでも、子ども達は健気に頑張ったんだよね。
お母さんに言えなかったのは
自分達のために、お母さんが必死で避難してくれたこと、わかってるから。
お母さんの愛情をちゃんと感じてるから。気持ちもわかってるから。


もうね、お母さんも子どもも本当によく頑張ったよね。
強くなったよ。賢くなったよ。成長したよ。
頑張った自分と子ども達を、褒め称えてあげて下さい。



悲しみと怒りの感情を、その男の子がちゃんと出せてよかった。


きっと同じように、ひとりで頑張り続けて
何かのきっかけに爆発しちゃう子が他にもいるかもしれません。
お母さんに当たり散らして、怒って泣いて
お母さんも苦しい思いをするかもしれません。


でもそういう時期って必要。
あたりちらせるの、怒りをぶつけられるの、お母さんしかいないから。
お母さんはちょっと苦しいけど、まるごと受け止めてあげて下さい。
悲しかったこと、苦しかったこと、腹が立ったこと、我慢してたこと
全部聴いてあげて下さい。
そして、助言もアドバイスも、弁解もせず、その子の言うことを全部肯定してあげて下さい。


子どもはお母さんに認めて欲しいんです。
わかって欲しいんです。
辛かったね、悲しかったね、気付いてあげられなくてごめんねって言って欲しいんです。


「むりやり避難させてごめんね」じゃないの。


「あなたも辛かったよね。気持ちに気付いてあげられなくてごめんね」
これだけでいいんです。



お母さんはツキイチ・カフェで気持ちを吐き出して、少し泣いて
少しは気持ちが軽くなったかな。


「今日来て良かった。誰かに話すことが必要だった」


そう言ってもらえて、私も本当に嬉しかったです。



来月のツキイチ・カフェは、3月12日(日)開催予定です。





2月のツキイチ・カフェ募集開始します。

ツキイチ・カフェの参加募集を開始します。

2月のツキイチ・カフェは
2月14日(火)です♪


>>>お申し込みはこちら<<<

午前(10:30~13:00)定員6名 ←残席4
午後(13:30~15:30)定員3名←満席


☆放射能測定をしたい方は、奈良・市民放射能測定所へ測定のご予約をお願いします。
 奈良・市民放射能測定所ウェブ予約は→こちら

定員(大人の数です。子どもは数に含みません)に達しましたら締め切らせていただきますが、多少増やすことは可能です。遠慮せずに一度ご連絡くださいね。
詳しくは右→のカテゴリ内「ツキイチ・カフェのご案内」を参照してください。

1月のツキイチ・カフェの様子

今月のお菓子~
IMG_0883.jpg

この時期は、小さいお子さんがいるお家では予定が立てにくいですよね。
ツキイチ・カフェもお子さんの急なお熱などでキャンセルは多い時期です。
寒い中連れてくるのも大変だしね。

一方で、「ダメかと思ったけど行けそう!行くわー!」
と、飛び入り参加される方もいらっしゃいます。
私はとーーっても嬉しい♡

そこらのカフェへ、プラッと入るように、気軽に来て下さいね。


事故からもうすぐ6年になりますが
最近は、やみくもに怖がったりするのではなく
汚染にしても、健康被害にしても、
「客観的なデータとしてどうなんだ」
ということを求める方が多くなってきたような気がします。


病気が多いような気がする。
亡くなる方が多いような気がする。
という意見はとても主観的で

「病気が増える」と思っている人は病気の情報ばっかり拾うから
ますます病気が増えたように感じるし、

放射能で頭がいっぱいの人は
咳が出ても頭が痛くても「放射能のせいじゃないか?」と思うものです。

それが良い悪いと言っているのではなく
そう思うのは当たり前、なんですね。

赤い車を買ったら赤い車ばかり目につくし
妊娠したら妊婦さんばっかり目に付きます。

そんなものなんですね。


だから、恐怖や不安に飲み込まれそうになったら
自分が客観的な情報で判断出来ているかどうか、確認してください。


災害時に、冷静に的確な行動が出来る人は、わずか10~15%程だそうです。
パニックになる人は15%以下。
あとの75%くらいは、フリーズしてしまい何にも出来ないそう。

そして、冷静に行動できるグループは
正しい情報、現実を直視出来る人たちなんです。


悲惨な現実を直視するのは本当に苦しく怖いことだけれど
選択を誤らないためには必要なのかもしれません。

逆に、誰かの主観や、思い込み、勘違いに支配されて
不安や恐怖に動けなくなっても
的確な行動はとれません。

客観的なデータを基に、冷静に判断する。
災害時、緊急事態時ほど、必要なのかもしれませんね。

原子力緊急事態宣言、まだ解除されてませんからー。




1月のツキイチ・カフェの募集開始します。

ツキイチ・カフェの参加募集を開始します。

1月のツキイチ・カフェは
1月24日(火)です♪


>>>お申し込みはこちら<<<

午前(10:30~13:00)定員6名 ←残席5
午後(13:30~15:30)定員3名>←満席です
☆放射能測定をしたい方は、奈良・市民放射能測定所へ測定のご予約をお願いします。
 奈良・市民放射能測定所ウェブ予約は→こちら

定員(大人の数です。子どもは数に含みません)に達しましたら締め切らせていただきますが、多少増やすことは可能です。遠慮せずに一度ご連絡くださいね。
詳しくは右→のカテゴリ内「ツキイチ・カフェのご案内」を参照してください。

Appendix

プロフィール

ツキイチカフェ

Author:ツキイチカフェ
『放射能が気になるママのための 給食・牛乳についてのお話会』が本になりました!
詳しくはこちら

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

ようこそツキイチ・カフェへ。
月に一回、この場所が
頑張るあなたの
憩いの場になりますように。

<場所>
奈良県奈良市
近鉄学園前駅から徒歩5分♪
奈良・市民放射能測定所です。

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

ツキイチカフェスタッフ
Twitter
↓更新情報はこちらで↓

すどうあいこ(横浜→奈良)
@ai_3121

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR