Entries

3月のツキイチ・カフェの様子

今月のお菓子~
image125.jpg
私の一番好きな、ほうじ茶クッキーと酒粕クラッカーはスタッフTさんの手作り。
そして、先日近所のスーパーで見つけた奈良のお芋と種子島のお砂糖で作ったかりんとう(芋けんぴね)。
「ゆる危険厨」の私に嬉しい、産地がちゃんと書かれたお菓子。
奈良祥樂さんのお菓子です。

※危険厨とは→放射能を危険とし、出来るだけ避ける人たちを危険厨、反対に放射能は危険じゃないという考えの人を安全厨と言います(笑)



この日は午前中インタビューが入っていたのをすっかり忘れておりました。
滋賀の大学の社会学部の先生の研究に協力させていただきました。

マスコミの取材や研究のためのインタビューには、私個人は出来るだけお答えしようと思っています。1人でも多くの声をと、皆さんツキイチ・カフェに合わせて取材にいらっしゃいます。ですが、ツキイチ・カフェに参加される避難者さんの中には、もちろんこういった取材は受けたくないと思う方もいらっしゃると思います。
嫌な時は「私は話したくありません」とはっきり言って下さいね。



あの時、東日本にいた母たちが何を経験し、何を思って避難したか
とても貴重な資料になる本があります。
IMG_1142.jpg
私たち避難者の声と共に、住宅問題、いじめ問題、研究論文も含まれています。
避難を知る人も、知らない人にも、得るものがあると思います。



ツキイチ・カフェにもまだ在庫はありますし
こちらで直接注文することも出来ますよ。

東日本大震災避難者の会「3.11避難者の声」注文方法↓
http://sandori2014.blog.fc2.com/blog-entry-1432.html


皆さんいろいろな場所で、立場で、様々な活動をされています。
ツキイチ・カフェはというと・・・


ただただ、美味しいお菓子を食べながら、無農薬の奈良のお茶やオーガニックコーヒーを飲みながら、ひたすらおしゃべりするだけの会です(笑)
IMG_1119.jpg



避難者の方はもちろん、ずっと関西に暮らしている方も
小さなお子さんがいる方も、居ない方も
若い方も、そうでない方も、既婚者も、独身者も、男性も、女性も、ジェンダーフリーも
どなたでも、いらして下さいね。
もちろん、お約束が守れる方ねー!


ツキイチ・カフェのお約束
○考え・価値観の押しつけはしない
○個人情報は漏らさない
○宗教・団体・ネットワークビジネス等の勧誘は禁止


あと、男性に多いのですが、主催者と個人的に密に連絡を取ろうとする方が度々いらっしゃいます。
度を越している方のメールにはお答えしない場合がありますのでご了承下さい。






スポンサーサイト

2月のツキイチカフェの様子

バレンタインに行われた2月のツキイチカフェも無事終了しました~♪

今月のお菓子は

☆チョコとピーカンナッツのビスコッティ
☆全粒粉ビスケット
☆オーガニックレーズンのホワイトチョコがけ

の3種でした(´∀`*) 写真撮り忘れました♪


午前の部は人数が少なかったので、測定所スタッフも一緒におしゃべり。
スタッフも同じようにママだったり、避難者だったりするので話も盛り上がります。


やはり気になるのは食品のこと。
お友達と遊ぶ時に、おやつどうしてる?とか
代替のおかずを作るけど材料が手に入らなくて・・・とかね
きっとみんな悩みは同じ。
ちょっと勇気を出して話してくれたら
みんなで考えることが出来るし
「あ、それでいいんだ!」「悩んでいるのは私だけじゃないんだ!」と
きっと気持ちが楽になると思いますよ。



午前中は小さな子のママさん達でしたが
午後は中学生、高校生のママさんが気になっていることを打ち明けてくれました。


思春期の男の子の気持ち。
ずっとずっと我慢してきた気持ち。


東北から関西へ避難して来た時は小学校6年生。
「なんで引っ越してきたん?」
同じ事を何度も何度も聞かれた。
もう嫌になって答えなかったら、囲まれて、首根っこ掴まれて。


小学校6年生男の子たち、そういう風になるの、目に浮かぶようです。
ふざけてだったか、そうじゃなかったかはわからない。
やる方は悪気はあまりないんだよね。
でもやられる方はやっぱり嫌なんだよね。


避難して来たその子も、それがとても嫌だった。
いじめだと思った。


その辛かった気持ちを、5年も経ってから、お母さんに打ち明けたそうです。


男の子だもんね、やっと、やっと言えたんだろうね。
きっとお母さんに心配かけたくなくて、言わずにひとりで頑張ってきたんだろうね。


子どもも大変だったけど、
その時お母さんもめちゃくちゃ大変でした。
体調が悪くなりやすい子の為に、必死で避難しました。
手続きや、引っ越しや、制服購入や、家族の説得、近所の人の目
全部ひとりで背負って、頑張っていました。


息子の突然の告白と号泣に、お母さんはショックを受けて
避難したことは間違いだったのかと、自分を責めかけていましたが


みんな一緒。みんな一緒だったの。
あの時はそうするしかなかった。
避難することが必要だと、確かに思って行動したはず。
それでいいんです。正解なんです。


そして、子どもは子どもで大変だった。
それもしょうがなかった。


関東、東北の子が、ひとりであの関西弁の洪水の中に飛び込むって
本当に大変だったと思うのです。
文化の違いは、ことあるごとに違和感となって
変化が苦手な子にとっては、重くのしかかって
関西嫌いになる子もいます。


それでも、子ども達は健気に頑張ったんだよね。
お母さんに言えなかったのは
自分達のために、お母さんが必死で避難してくれたこと、わかってるから。
お母さんの愛情をちゃんと感じてるから。気持ちもわかってるから。


もうね、お母さんも子どもも本当によく頑張ったよね。
強くなったよ。賢くなったよ。成長したよ。
頑張った自分と子ども達を、褒め称えてあげて下さい。



悲しみと怒りの感情を、その男の子がちゃんと出せてよかった。


きっと同じように、ひとりで頑張り続けて
何かのきっかけに爆発しちゃう子が他にもいるかもしれません。
お母さんに当たり散らして、怒って泣いて
お母さんも苦しい思いをするかもしれません。


でもそういう時期って必要。
あたりちらせるの、怒りをぶつけられるの、お母さんしかいないから。
お母さんはちょっと苦しいけど、まるごと受け止めてあげて下さい。
悲しかったこと、苦しかったこと、腹が立ったこと、我慢してたこと
全部聴いてあげて下さい。
そして、助言もアドバイスも、弁解もせず、その子の言うことを全部肯定してあげて下さい。


子どもはお母さんに認めて欲しいんです。
わかって欲しいんです。
辛かったね、悲しかったね、気付いてあげられなくてごめんねって言って欲しいんです。


「むりやり避難させてごめんね」じゃないの。


「あなたも辛かったよね。気持ちに気付いてあげられなくてごめんね」
これだけでいいんです。



お母さんはツキイチ・カフェで気持ちを吐き出して、少し泣いて
少しは気持ちが軽くなったかな。


「今日来て良かった。誰かに話すことが必要だった」


そう言ってもらえて、私も本当に嬉しかったです。



来月のツキイチ・カフェは、3月12日(日)3月16日(木)開催です。





1月のツキイチ・カフェの様子

今月のお菓子~
IMG_0883.jpg

この時期は、小さいお子さんがいるお家では予定が立てにくいですよね。
ツキイチ・カフェもお子さんの急なお熱などでキャンセルは多い時期です。
寒い中連れてくるのも大変だしね。

一方で、「ダメかと思ったけど行けそう!行くわー!」
と、飛び入り参加される方もいらっしゃいます。
私はとーーっても嬉しい♡

そこらのカフェへ、プラッと入るように、気軽に来て下さいね。


事故からもうすぐ6年になりますが
最近は、やみくもに怖がったりするのではなく
汚染にしても、健康被害にしても、
「客観的なデータとしてどうなんだ」
ということを求める方が多くなってきたような気がします。


病気が多いような気がする。
亡くなる方が多いような気がする。
という意見はとても主観的で

「病気が増える」と思っている人は病気の情報ばっかり拾うから
ますます病気が増えたように感じるし、

放射能で頭がいっぱいの人は
咳が出ても頭が痛くても「放射能のせいじゃないか?」と思うものです。

それが良い悪いと言っているのではなく
そう思うのは当たり前、なんですね。

赤い車を買ったら赤い車ばかり目につくし
妊娠したら妊婦さんばっかり目に付きます。

そんなものなんですね。


だから、恐怖や不安に飲み込まれそうになったら
自分が客観的な情報で判断出来ているかどうか、確認してください。


災害時に、冷静に的確な行動が出来る人は、わずか10~15%程だそうです。
パニックになる人は15%以下。
あとの75%くらいは、フリーズしてしまい何にも出来ないそう。

そして、冷静に行動できるグループは
正しい情報、現実を直視出来る人たちなんです。


悲惨な現実を直視するのは本当に苦しく怖いことだけれど
選択を誤らないためには必要なのかもしれません。

逆に、誰かの主観や、思い込み、勘違いに支配されて
不安や恐怖に動けなくなっても
的確な行動はとれません。

客観的なデータを基に、冷静に判断する。
災害時、緊急事態時ほど、必要なのかもしれませんね。

原子力緊急事態宣言、まだ解除されてませんからー。




12月のツキイチカフェの様子


測定所の新スタッフが、小学生の娘さんと手作りしてくれた看板♪
IMG_0604.jpg

今月は飛び入り参加もありで満席となりました。
子ども達も走り回り、とっても賑やか~。

子どもが小さいうちって、お母さん達はいろんな事を我慢しています。
お友達とゆっくりお茶を飲む暇もないですよね。
私は子どもが小さい頃、カフェもレストランも諦めてました。
息子はじっと座っててくれるタイプではなかったのでね。

でもここはキッズスペースもあり、子どもを遊ばせながら
ママ達はゆっくりおしゃべりすることが出来ますよ。
いつも子ども達はキッズスペースとママのところを行ったり来たりしながら楽しんでます。
image2.jpg

放射能について、測定について疑問・質問がある方は
代表の辻本さんが丁寧に教えて下さいます。
ツキイチカフェに合わせて測定予約をする方も多いです。
測定に30分以上時間をかけるので、その間ゆっくりおしゃべり出来ますよ。
image1.jpg

IMG_0607.jpg

ツキイチカフェは普段出来ない話が出来るところ
「放射能を気にしている」同志に会えるところ
情報交換が出来るところ
愚痴や、弱音を吐いてもいいです。
泣いてもいいです。
怒ってもいいです。

でもね、この日のツキイチカフェはなんだかモヤモヤする瞬間がありました。
そう感じたのは私だけかもしれませんが。

ここに来る人たちは、いろんな場所から避難してきた人がいます。
福島から避難して来た方も
東京から避難して来た方も
大阪から瓦礫避難して来た方もいます。
避難者じゃない人もいらっしゃいます。

原発事故が起きて、土地が汚染されて、安心して子どもに食べさせることが出来なくなった。
そのことについて、これから先どうしたら子ども達を守れるだろうかと考える人たちが集まっています。

今まで享受して来た自然の恵み
安心して居ることが出来たコミュニティ
寄り添い合って来た家族

こつこつ積み上げてきた
人間関係
キャリア
財産

それらを奪われた人
捨てざるを得なかった人

事故が起きるまで
自分達が使っている電気がどこで作られてるかなんて知らなかった。
原子力発電所がどういうものかなんて知らなかった。

そんな人も多いでしょう。

夫が東電で働いてる。
そんな人もいるんです。

いろんな立場の人
いろんな背景を持つ人が集まっている

皆それぞれ心に傷を持ち
それを癒しに来ているのです。

福島から避難してきた人も
東京から避難してきた人も
大阪から避難してきた人も
ずっと関西にいた人も

今までの暮らしが出来なくなったという意味では同じです。

この場所を作っている者としては
この場所で、避難者同士が傷付け合うのはやめていただきたいです。

せっかく楽しみに来ているのだから
来てくれた人に嫌な気持ちになって欲しくないのです。

ツキイチカフェのお約束
○考え・価値観の押しつけはしない
○個人情報は漏らさない
○宗教・団体・ネットワークビジネス等の勧誘は禁止
これも守ってくださいね。みんなが安心してこれる場所にしたいのでね。

ツキイチ・カフェは、誰にも否定されない、安心安全な場にしますからね♪


次回は1月24日(火)に開催します。
募集は年明けにこのブログとツイッターで告知しますね。

11月のツキイチカフェの様子

4年目に突入しましたツキイチ・カフェです~♪

先月はとっても少人数だったので
もうそろそろお役御免なのかしら?と思っていたのですが
今月はキャンセルが出たにもかかわらず満員御礼でした♪

お菓子写真撮り忘れた~

IMG_0535.jpg

月日が経って変化して来たなあと思うのは

震災時は関西にいて、
東日本大震災については「東北が(津波で)大変だった」という印象
原発事故についても「福島が大変だった(過去形)」という印象だった方が
ご主人の転勤で関東へ引越し
引越して初めて
転勤先でお友達になったママさんに放射能汚染のことを聞いたり
体調の変化を感じたり、疑問に思うことがあったりで
自分で調べて、関西に戻ってきたという方が増えてきたこと。

自分で体感しないとね、怖さも感じないし、調べようとも思わないですよね。

我が家もそうです。
息子が毎日毎日、朝も夜も鼻血を出すようになって
それから初めて私は放射能について真剣に調べたし
避難を真剣に考えるようになりました。
子どもに体調の変化がなければ、今も変わらずそこで暮らしていたでしょう。


あとね、食べ物に気を付けたり、被曝回避に否定的だったご主人が
自分が体調を崩したり、検査で悪い結果が出て
はじめて真剣に考え始めた、怖さを知ったというお話を何件か聞くようになりました。

生理があったり、家族の体調管理にいつも気を配っている女性は
体を観察したり体調の変化に気付いたりするのが得意ですが、
男性は女性と比べて体調の変化に気付きにくいのですよね。
だから突然ドカンと体調を崩したりします。

奈良民医連などでは定期的に避難者対象の健診を行っていますので、
避難して来た方で健診に積極的でないご主人も、一度甲状腺検査や血液検査を受けることをお勧めします。



突然ですが問題です!
「白い服のチームは何回パスをしたでしょうか?」

動画を見て答えて下さい♪↓


ね、面白いでしょう~!
It's easy to miss something you're not looking for
「あなたが探していないものを見逃すのは簡単です」

私たちがこんなに気になるものを、全く気にしない人達がいるのはなぜなのか。

こういうことなんですよね。
人は見たいものしか見ないし、聞きたいことしか聞かない。
新しいコートを買いたいなと思う時は、コートばっかり目に付きます。
自分が病気になって初めて、その病気のことを調べ始めます。

体験して初めて、興味を持って初めて、
自分のこととして認識し、知ろうとし始めるのですよね。

ヤキモキしますが、その人が知る時は、その人のタイミングで訪れます。


次回ツキイチカフェは12月8日(木)開催です♪



Appendix

プロフィール

ツキイチカフェ

Author:ツキイチカフェ
『放射能が気になるママのための 給食・牛乳についてのお話会』が本になりました!
詳しくはこちら

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

ようこそツキイチ・カフェへ。
月に一回、この場所が
頑張るあなたの
憩いの場になりますように。

<場所>
奈良県奈良市
近鉄学園前駅から徒歩5分♪
奈良・市民放射能測定所です。

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

ツキイチカフェスタッフ
Twitter
↓更新情報はこちらで↓

すどうあいこ(横浜→奈良)
@ai_3121

゚・*:.。..。.:*・゜゚・*:.。..。.:*

最新記事

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR